旦那の浮気相手と会う時場合にしておくべき工夫やその際の注意点


旦那の浮気が分かった時に、その浮気相手と会って話をしたいと考える女性は多くなります。

しかし何の対策もしないまま浮気相手と会ってしまうと思わぬ問題に発展してしまう可能性がありますので、事前にしっかりと準備してから会う必要があります。

不特定多数の人間が居る場所で会う

ます最初に考えるべきなのは浮気相手とどこで会うかになりますが、この時には必ず不特定多数の人間がいる場所で会う事が大切なポイントになります。

例えば自宅などに呼び出して話をした場合、相手が監禁されたなど言い出す可能性がありますし暴力的な行為が行われたと主張する事があります。

そうなってしまうと潔白である事を証明する事が非常に難しくなり、場合によっては自分の方が罪に問われてしまう可能性が出てきます。

なので必ず他の人間が居る場所を選ぶ必要があり、適切な場所としては喫茶店やファミリーレストランなどお客さんと店員が居る場所になります。

このような場所は人気の高い店ならばお客さんの数も多くなりますし、店員の証言もありますしレシートなど物的証拠も確保できますので浮気相手と会う時にはベストな選択になると言えます。

第三者に参加してもらう

浮気相手と会う場所が決まった後は、そこに自分の友人など第三者に同席してもらう事を考える必要があります。

これは頭に血が上って浮気相手に手を出してしまう事や、感情的になって会話ができなくなってしまう事を避ける為のポイントになります。

基本的に旦那の浮気相手に対して良い感情を持っている妻はいないので、浮気相手と一対一になった時には自分の感情を抑えきれない可能性は高くなります。

しかしその時には第三者がいれば自分を止めるくれる事がありますし、何よりも第三者は冷静に問題に対して分析する事が可能になります。

ただし、この時には必ず男性の友人に頼む必要があります。

と言うのも女性の友人の場合は自分の味方になって一緒に相手を追い詰めようとするケースが多く見られますので、必要以上に相手を追い詰めないように男性にお願いして冷静な対応をしてもらう必要があります。

話したいことをリストアップしておく

実際に話し合う時には事前に聞きたい事や言いたいことをリストアップしておくと良いとされています。

こちらは浮気相手を目の当たりにした時に女性はつい感情的になってしまう事が理由になっていて、思っていたような話し合いができなくなってしまう事態を回避する為にも必要なポイントになります。

また、事前にリストアップする事で客観的に浮気問題を見つめ直す事ができるようになります。

なので自分がこの先どの様な形での決着を望んでいるのかを確認することができますし、浮気相手や旦那に対して何をして欲しいのかを明確にする事が可能になります。

さらに万が一旦那が既婚者であることを隠して浮気していた場合には浮気相手の女性と協力体制を取ることが可能になりますので、その様な点を含めて聞きたい事や言いたいことをリストアップして落ち着いて話し合う事は非常に重要だと言えます。

浮気相手と話す時は真正面には位置しない

一般的に浮気相手と話をする時には、お互いに向かい合って話す事が多くなります。

しかしこのような形で話す事は心理学的に良くないとされていて、人間は真正面に位置している人物に対して敵対心や攻撃欲求を持つとされています。

なので浮気相手と真正面から向かい合って話そうとするとその様な深層心理が働いてしまい、知らず知らずのうちに攻撃的になるケースが見られます。

したがって真正面ではなく左右のどちらかに少しズレて、斜めの位置から浮気相手と話す事が大切だとされています。

原則として旦那の浮気に対しては妻が有利な状況を維持する事がカギになっていますので、間違っても暴力行為などは行ってはいけません。

だからこそ冷静に話し合う事がポイントになっていて、その為には話し合う時の位置取りなども重要になると言えます。

 

旦那の浮気調査を探偵に依頼する時のメリットや注意点などについて

旦那が浮気しているかもと疑いを持った時に、多くの女性が考えるのが何とか証拠を掴むことになります。

疑惑が勘違いであった場合でも浮気が事実であった場合でも、まずは証拠を集めない事には話が進みません。

なので浮気の可能性に気付いた時には証拠集めが肝心になるのですが、その際には探偵社に依頼する事が最も良い方法だとされています。

裁判でも通用する明確な証拠集めが可能

基本的に浮気調査と言う物は素人では限界があるとされています。

主婦であれば家事や育児などに時間を取られてしまいますし、働いているなら自分の仕事で浮気調査どころではありません。

したがって自分で集められる証拠にも限界があり、またその証拠が決定的なものである事も少ないと言えます。

しかし探偵社に依頼した場合にはその様な問題が全てクリアされていますので、自分の事をしながらでも浮気の証拠集めができるようになります。

また例えば浮気の決定的な証拠となるのはラブホテルに出入りする瞬間を押さえた写真になりますが、この写真を素人が撮影する事は非常に難しいものになります。

まずどこのホテルを利用する事が多いのかを調べたり、時間帯なども調査しておかないと無駄足になってしまう可能性が高くなります。

さらに顔をハッキリ写すためのピント調節や光量の補正なども行う必要がありますので、素人が簡単に撮影できるものではありません。

これが探偵の場合であれば経験も豊富にありますし、専用の特殊な機材なども使用できますのでこの一点だけ見ても探偵社に依頼するメリットは大きいと言えます。

自分が疑われる事が無い

一般的に、浮気を疑っている事を旦那に気付かれてしまう原因は妻の態度だとされています。

例えばお風呂の最中に携帯を見ようとしたり、電話の相手をしつこく聞いたりなど浮気を疑っていますよと言う態度を見せてしまう事が問題点になっています。

なので浮気を疑っている事を悟られないようにしつつ証拠を集める為にも探偵社に依頼する事は良いとされていて、基本的に自分が浮気をしている時に探偵に調査されてるかもと考える男性はほとんどいません。

したがって旦那も油断していることが多くなり、その結果として決定的な証拠も集めやすくなるとされています。

また自分に不自然な態度が無くなるので、家庭の中でもその油断は見られるようになります。

そうなればゴミ箱の中にはホテルの明細書を捨てたり、車の中に高速道路を利用した時のレシートなどが残されている事もありますので自分でも簡単な証拠ならば集めやすくなると言えます。

自分がいけない場所でも調査できる

探偵社に依頼するメリットとして挙げられるポイントは、浮気旅行などにも対応できる点もあります。

出張などと偽って浮気相手と旅行に行った場合、通常であれば旦那が何をしているかを知る事は不可能になります。

しかし探偵社にこの日に旅行の予定を入れているようなので調査をお願いしますと伝えればそれにも対応は可能になっていて、この場合は特に証拠を集めやすい状況になります。

転勤ならともかく出張に妻がついていく事は不自然なので、出張すると言われてしまえば妻はそれに対して何も言う事はできません。

なので旦那も安心している可能性は高く、場合によっては調査している探偵に観光写真をお願いすると言ったケースも報告されています。

探偵社に依頼する為に必要な費用とは

一般的に探偵依頼する場合には最初に無料相談してから見積もりを出してもらう形になります。

なので基本的には最初に提示された金額から大きく変化する事は無いのですが、中には追加料金が発生するケースがあります。

具体的には調査期間の延長に伴う人件費などが該当していて、通常の浮気調査は一定の期間内で浮気しているかしていないかが判断されます。

したがって、その期間内に証拠が見つけられなかった場合には妻が調査の延長を望む事があります。

そうなると追加料金が発生しますので、最初に提示された金額を大幅に上回る費用を請求される可能性が出てきます。